会社企業理念

1.輸送の安全に関する基本的な方針

 私たち運輸事業者は経営のトップから現場まで一貫した安全管理体制を構築し、その継続的取組により安全意識の向上を目指しています。尊い人命を預かり「安全輸送」を担う弊社では、制度創設以来自ら掲げた目標に対しPlan・Do・Check・Actionの向上手法サイクルを継続実行しています。今年度も新たなる決意でマンネリ化に陥らないよう、安全風土意識を更なる高いレベルを目指します。そして私たちはお客様に安心して快適にご乗車いただけるサービスを笑顔でご提供いたします。

①  安全確保の最優先が旅客輸送事業者の使命であることを深く認識し、社

  員及び社員一同が、安全確保に最善の努力をつくします。

  輸送の安全に関する法令及び関連する規定を尊守し、厳正かつ忠実に職  務を遂行します。

  安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行します。

  輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

                  

      

 

2.輸送安全に関する重点施策

(1) 社長を最高責任者として、運輸安全マネジメントの実行強化を図ります。

(2) 基本方針に基づく重点目標は、次の通りとします。

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を守ります。
  2. 安全確保の為、日頃より危険とみられる要素を排除し改善に努めます
  3. 輸送の安全に関する内部監査を実施し、必要な是正措置又は予防措置を講じていきます。
  4. 輸送の安全に関する教育、研修、訓練等を積極的に実施します。
  5. 事故、災害が発生した場合には、乗客の救護を最優先に行い、他の機関と連携し適切な情報開示、復旧に全力を挙げます。
  6. 輸送の安全を確保し、最終的にセーフティバス三ツ星取得を目指します。
  7. 当社は、関係企業と密接に協力し、輸送の安全性の向上に努めます。
  8. 日本バス協会発出(2019年6月20日)の「安全輸送決議」を遵守し、業界を挙げての安全確保に努めます。

                                                     

     

3.2020年度における輸送の安全に関する目標と達成状況


4.輸送の安全に係る情報の伝達体制

5.輸送の安全に関する計画と実施状況

令和2年度(2020年4月1日~2021年3月31)年間教育計画

6.輸送の安全に関する予算等の投資額

2020年度は、コロナ禍において予算計画の見通しが立たないままに終わりました。しかしながら、低金利の融資を受けたり雇用調整助成金の制度を使いながら社員の雇用の維持に努めてまいりました。また、2020年12月には、中古バスですが平成26年式大型バスを導入いたしました。コロナ収束後を見据えた車両計画をいたしました。

7.事故・災害に関する報告連絡体制

8.外部機関による職場訪問

 

2020年3月10日

北陸信越貸切バス適正化センターによる巡回指導

 

改善要請書・改善結果報告に関する所見
改善指導及び報告書に関する所見.pdf
PDFファイル 128.4 KB

9.輸送の安全に関する内部監査

運輸安全マネジメント内部監査

2021年3月20日に実施されました。

概ね運輸安全マネジメントの主旨に準拠した事業運営がなされていること、安全管理体制が機能していることが確認されました。

 

監査部門内部監査室:乗用部運行管理官

被監査対象者:代表取締役・安全統括管理者・貸切部営業部長

監査方法:被監査対象者へのインタビュー

10.2021年度(令和3年4月~令和4年3月)における輸送   の安全に関する目標および計画

2020年においては、コロナ禍の影響により計画も実行もできない状態でありました。2021年でも未だ収束の見込みも立たない状態であります。計画を立てるにも先行きが立たないままの計画はありません。しかしながら、通常に戻ると仮定しなければいけない。2021年は先ずコロナ禍が収束すると前提の中、目標を次のようにいたします。

教育・研修等では、今までは人が集まることが当たり前でした。ところがコロナ禍の中でテレワーク・オンライン学習等が当たり前となりました。そこで当社におきましてもZOOM等を使用した研修・会議等を採用していく所存です。今までより迅速に会議・研修の招集が期待でき、されに内容を充実できると確信しております。

11.安全管理規定および安全統括管理者

平和交通株式会社安全管理規定
安全管理規定.pdf
PDFファイル 555.6 KB

安全統括管理者  運行部長:高野友治 選任日:平成27年3月1日